セフレに痴漢プレイをしてもらった話

この前、女友達と出かけたときのことです。

女友達から「この前痴漢にあった」という話を聞きました。

東京に旅行しに行ったときに痴漢にあったようなのです。その話を詳しく聞くことにしました。

ディズニーランドに行った帰り、ホテルに戻ろうとして電車に乗ったらしいのですが夕方で帰宅ラッシュに巻き込まれてしまったんです。

そこで一緒に来ていた友人と離れ違う車両に乗り込んだときに。後ろからお尻を触られ帰宅ラッシュだし仕方ないと思って放って置いたらしいんです。

そしたら、相手はいいと思ったのか胸を触り始めてショーツの中に手をれて触り始め最終的に挿入されて終わったとのことでした。

友人は、最初怖かったけどでも気持ちよかったから警察に言わなかった。また痴漢されたいって思う私がいるかもとそう言っていました。

そっか、痴漢ってあったことないかもと思い、さっそくワクワクメールで募集してみました。

痴漢っぽく犯してくれる人募集します。

書き込むと結構反響がよくて、一番返事するのが大変だったと記憶しています。

前のこともあり、ソフトな感じで皆さんにお願いをしてました。

私の住んでいるところではあまり電車を利用している人は少なく、利用したとしても学生が大半を占めています。東京のように帰宅ラッシュもなく少ない時には車両がほぼ空いています。多くても座席は空いているくらいです。

多くの方が名乗り上げてくれたのですが、地元の電車を使うので県外でも私の地元の方まで来てくれて電車に乗ってくれる人に限定しました。

一番少ない時間帯を選んで、運行時間に合わせての集合です。

集まってくれたのは4人の精鋭たち(笑)

体型が立派な方から、小柄な方まで様々です。

切符を買って早速乗りました。

予想したとおり、電車に乗っている人は少なくて、私たちが乗った車両は誰ひとりとして乗っていませんでした。

ラッキーだったので早速、痴漢プレイをすることに。

私は、痴漢されたこともなければ、痴漢を目撃したこともなかったのでどうすればいいかわかりませんでした。

とりあえず座席には座らずにつり革につかまって立つことにしました。

そして精鋭の方たちは私たちを取り囲むようにして立っています。

精鋭の一人が私の胸を揉み、もう一人がお尻を触りました。なんか触られることをわかっていると最初はそんなに興奮しないもんだなって思いました。

もう一人は、私のショーツを触り、最後の人は自分の息子さんをシコってました(笑)

私は以前頂いたピンクローターを精鋭の一人に渡していたのですが、息子さんをシコっていた方が取り出しショーツの上から当ててきました。

公共の場所でちょっと犯されているシュチュエーション。

電車の窓から、外で誰かに見られているかもしれない。頭の中で考えただけで興奮しちゃいました。

私が濡れているのを確認した一人が手マンしてくれました。

精鋭二人が私の足を持ち上げて、一人が胸を揉みながら耳をしゃぶり、一人が手マンをしている状態です。

場所が場所なので、声もあまり大きく出せません。

興奮してイった私に精鋭の一人が挿入してきました。足を挙げられているので、すごくいいところに当たるんです。

一人目がイって、次の人の挿入されました。体位は騎乗位。前もって好きな体位を教えていたのです。

座席に座って挿入しました。電車の揺れと相手の方の揺れが合わさっていつもとは違う揺れで気持ちよかったです。他の人のを口にくわえたり手で気持ちよくしたり、キスしたり頭の中がぐちゃぐちゃでした。

次は立ちバックです。手すりにつかまって挿入されました。この時は座席に片足を乗せてセックスしました。

この時一人が座席に座って、つながっている部分を見てくるんです。見てるだけで何もしてなかったのですが、私はそれに興奮し見てる方はすごく勃ってました。

何度もイカせれて足はガクガク。立っていられませんでした。

最後の方とは寝バックしました。

寝バックって初めてで、こんなにきもちいとは思いませんでした。

ほぼ体の力が抜けていた私は、精鋭たちに動かしてもらい床へ。勢いよく挿入されました。

最後の方は、レイプされている感覚でしたね。

気持ちよかったので、我慢していたのですが大きい声が出てしまい駅に停まった時すぐに降りました。

やっぱり我慢はよくないなって思いましたね。気持ちよかったら素直に出すって決めました!

確かに、痴漢プレイは気持ちよかったですが実際の痴漢とは違うと感じたので東京行ってきます(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする